満足度96%
みんなの感想はこちら
リー・ダニエルズ監督メッセージ
映画『大統領の執事の涙』著名人も絶賛!感動のコメント

映画『大統領の執事の涙』

映画『大統領の執事の涙』

映画『大統領の執事の涙』

INTRODUCTION

映画『大統領の執事の涙』

『プレシャス』でアカデミー賞®に輝いたリー・ダニエルズ監督が、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事と揺れ動くアメリカ、その時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描いた、感動のヒューマン・スペクタクル作品。

『プレシャス』でアカデミー賞®に輝いたリー・ダニエルズ監督が、 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事と揺れ動くアメリカ、その時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描いた、感動のヒューマン・スペクタクル作品。

2008年、バラク・オバマの歴史的快挙に全米が沸いた時と同じくして、「ワシントン・ポスト」紙にある記事が掲載された。
それは「オバマ当選を支えた、ある黒人執事」というタイトルで、1950年代から1980年代にかけて8期の大統領のもとに仕えていたユージン・アレンという人物についてだった。アレンとその妻ヘレンが語る人生には、アメリカの極めて重要な出来事、その瞬間を直接経験した一人の男と、それらを動かしてきた中心にいる男たちを浮き彫りにしていた。

この記事を読んで、ハリウッドを代表するプロデューサー、ローラ・ジスキン(『プリティ・ウーマン』、『恋愛小説家』など)は、広く出資を募った結果、あらゆるジャンルから出資希望者が殺到。結果的に、ハリウッド史上、最も多い41人もの名前がプロデューサーとしてクレジットされることになった。残念ながら、ジスキンは映画の完成を待たずに亡くなってしまったが、その遺志を監督のダニエルズが継ぎ完成したのが本作である。

本作最大の特徴は、実際に起きた、誰もが知る事件とその瞬間が目の前に登場すること。アイゼンハワーからレーガン、そしてつい昨日のオバマまで実在の大統領が登場し、当時世間を騒がせた出来事が起こるきっかけや理由が、丁寧に描かれている。本来ならばホワイトハウスで起きた事は、決して表には出ない。だが、観客は執事セシルの目を通して、間近で体験することが出来るのだ。

しかし、この作品は「歴史の裏側を描いた映画」だけにはなっていない。時代が動く様を目の前で見てきたセシルが、自分の人生では家族と共に歴史の波に飲み込まれ、苦悩する。「歴史映画ではなく、家族の物語である」とダニエルズが語る通り、時に反発し、時に助け合う家族・親子の姿を、より力強く、よりドラマティックに描き出す。

また、目まぐるしく変わるアメリカと比例して、奴隷の子として生まれ、自らの力でホワイトハウスの執事にまで上り詰めたセシルの、サクセス・ストーリーとしての側面も見どころの一つだ。

執事セシル・ゲインズを演じるのは、アカデミー賞®主演男優賞を受賞した名優、フォレスト・ウィテカー。波乱万丈な人生を歩んだ一人の黒人男性を、感情豊かに演じきる。セシルを支える妻グロリア役には、アメリカを代表する名司会者のオプラ・ウィンフリー。自身としても久々の映画出演となった。その他、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、アラン・リックマン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ロビン・ウィリアムズなどアカデミー賞®受賞やノミネート常連の俳優陣に加え、ダニエルズ作品には欠かせないマライア・キャリー、レニー・クラヴィッツといったミュージシャンまで、錚々たるオールスター・キャストが集結。50年に渡るアメリカの歴史を見事に演じきっている。

このセンセーショナルともいえるプロジェクトや奇跡の豪華共演と共に、映画としての完成度が公開前から話題を呼び、見事に全米初登場第1位を記録。その後も続々と絶賛レビューや感想があふれ、2013年公開作品としては、初の3週連続もの第1位(8/30-9/2は4日間の数字)を獲得し、1億ドルを超える大ヒットとなった。ダニエルズ自身、初となる全米1位作品となり、『プレシャス』以来のアカデミー賞®受賞にも期待がかかる。
また、オバマ大統領も本作を見て「目に涙あふれた」とラジオで語り、現在勤務しているホワイトハウス関係者もこぞって絶賛。まさに全米中で話題沸騰の1本となった。

時代の流れと変化を経て、世界の中心であるホワイトハウスで彼が見たものとは一体、何なのか?

“知られざる”真実の物語が今、幕を開ける。

映画『大統領の執事の涙』
映画『大統領の執事の涙』
映画『大統領の執事の涙』
映画『大統領の執事の涙』
映画『大統領の執事の涙』
映画『大統領の執事の涙』
映画『大統領の執事の涙』

STORY

映画『大統領の執事の涙』

黒人差別が日常で行われていた時代のアメリカ南部。
幼いセシル・ゲインズは、両親と綿花畑で小作農として働いていた。
しかし、ある事件で親を失い、ハウス・ニガー(家働きの下男)として雇われる事に。
「ひとりで生きていく」
努力の末、見習いから高級ホテルのボーイになった青年は、
その仕事ぶりが認められ、遂にはホワイトハウスの執事となる。

キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争……
アメリカが大きく揺れ動いていた時代。
気づけば、歴史が動く瞬間を最前線で見続けることとなったセシル。

ホワイトハウスの執事として求められるもの、それはその空間の“空気になる”事。
国を揺るがす重要な会議に立ち会えば、存在を消して仕事をこなし、
黒人として大統領から質問をされれば、「求められる回答」で答え、
いつでも忠実に働き続ける。
心の中には黒人としての、そして身につけた執事としての“誇り”を持ちながら。
その姿が歴代大統領や共に働く仲間の信頼を勝ち取り、
さらには世間の【黒人への意識】を変えるきっかけともなっていく。

「世の中をよくするために、父さんは白人に仕えている」

彼の仕事に理解を示しながら、寂しさを募らせる妻。
父の仕事を恥じ、国と戦うため、反政府運動に身を投じる長男。
その兄とは反対に、国のために戦う事を選び、ベトナムへ志願する次男。
大統領の執事でありながらも、夫であり父であったセシルは、
家族と共にその歴史に翻弄されていく。

激動の時代の中、彼が世界の中心・ホワイトハウスで見たものとは?
そして人生の最後に流した、涙の理由とは―。

映画『大統領の執事の涙』

CAST

フォレスト・ウィテカー

セシル・ゲインズ CECIL GAINES /

綿花畑の小作農に生まれ、ハウス・ニガー(家働きの下男)からホテルのボーイを経て、ホワイトハウスの執事となる。

『バード』(88)でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。『ラストキング・オブ・スコットランド』(07)で演じたウガンダの独裁者イディ・アミン役で2007年度米アカデミー賞®最優秀主演男優賞を含め、幾多の賞を受賞。本作でのノミネートも噂されるハリウッドきっての名優。主役から脇役まで幅広く演じることが出来ることから、数多くの作品に出演し続けている。主な作品に『プラトーン』(86)、『グッドモーニング、ベトナム』(87)、『ゴースト・ドッグ』(97)、『バンテージ・ポイント』(08)、『エクスペリメント』(10)、『ラストスタンド』(13)など。また、監督やプロデューサーとしても活動している。待機作に『Out Of Furnace』、カンヌ国際映画祭でのクロージングにも選ばれた『Zulu』(共に13)など。
人道主義活動にも力を入れており、ドキュメンタリー映画を製作し世界に発信するなどの活動が認められ、ユネスコ平和調停親善大使にも任命されている。

オプラ・ウィンフリー

グロリア・ゲインズ GLORIA GAINES /

セシルの妻

アメリカを代表するテレビ番組の司会者であり、プロデューサーでもある。司会を務める番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」(86-11)では25年間、何百万人もの視聴者を楽しませ、アメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価、多数の賞を受賞している。米フォーブス誌が毎年発表する、その年で最も稼いだセレブリティ・ランキングでは2012年まで4年連続で首位となるなど、「世界で最も有力な女性」と称される。
 女優としても活動をしており、『カラーパープル』(85)で演技デビュー、同年のアカデミー賞にもノミネートされた。その他の出演作品に『鬼ママを殺せ』(87)、『愛されし者』(98)、『シャーロットのおくりもの』(06・声の出演)などがある。プロデューサーとしても数多くの作品を手掛けており、リー・ダニエルズ監督とは『プレシャス』で一緒に仕事をしている。08年の大統領選挙では早い段階からオバマ支持を表明し、その影響力からその後のオバマ旋風、更には黒人初の大統領誕生のきっかけにも数えられている。

ロビン・ウィリアムズ

ロビン・ウィリアムズ

ドワイト・アイゼンハワー DWIGHT EISENHOWER /

第34代アメリカ合衆国大統領

主な出演作:『ガープの世界』(82)、『グッドモーニング,ベトナム』(87)、『いまを生きる』(89)、『レナードの朝』(90)、『フィッシャー・キング』(91)、『ミセス・ダウト』(93)、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97/アカデミー賞®最優秀助演男優賞)、『インソムニア』(02)、『ナイト・ミュージアム』(07)、『ナイト・ミュージアム2』(09)、『グリフィン家のウエディングノート』(13)

ドワイト・アイゼンハワー大統領

第2次世界大戦中に、連合軍最高司令官となり、その後、第34代大統領に就任。セシルがホワイトハウスに入った際に初めて執事を担当した。冷戦最盛期に大統領となり、朝鮮戦争を休戦させ、東西緊張の緩和に努めるなど外交に尽力。また、国内でも黒人の権利闘争に理解を示し、黒人学生の入学を拒否した高校に軍隊を派遣、黒人学生を護衛させた(リトル・ロック高校事件)。

ジェームズ・マースデン

ジェームズ・マースデン

ジョン・F・ケネディ JOHN F. KENNEDY /

第35代アメリカ合衆国大統領

主な出演作:『ゴシップ』(00)、『X-MEN』三部作(00、03、06)、『きみに読む物語』(04)、『スーパーマン リターンズ』(06)、『ヘアスプレー』(07)、『魔法にかけられて』、『幸せになるための27のドレス』(共に08)、『運命のボタン』(09)、『わらの犬』(11)、『素敵な相棒~フランクじいさんとロボットヘルバー~』、『バチェロレッテ -あの子が結婚するなんて!』(共に12)、『2ガンズ』(13)

ジョン・F・ケネディ大統領

1960年の大統領選挙でニクソンを破り、第35代大統領に就任。合衆国の歴史上、選挙で選ばれた大統領としては最も若く、日本でも良く知られている大統領の一人。就任後、キューバ危機、ベルリンの壁の建設、米ソ間の宇宙開発競争など、数多くの歴史的事件に取り組んだ。また人種差別問題に対しても積極的に取り組み、議会へ新しい公民権法案を提出。自身の政権下では成立しなかったが、それが元になり後の公民権法が成立することになる。63年、テキサス州ダラスでの遊説中に暗殺される。娘のキャロラインが、2013年11月より駐日米国大使に就任。

リーヴ・シュレイバー

リーヴ・シュレイバー

リンドン・B・ジョンソン LYNDON B. JOHNSON /

第36代アメリカ合衆国大統領

主な出演作:『スクリーム』シリーズ、『ザ・ハリケーン』(99)、『ニューヨークの恋人』(01)、『トータル・フィアーズ』(02)、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)、『ソルト』(10)、『ムービー43』(13)

リンドン・B・ジョンソン大統領

ケネディ暗殺後、副大統領から第36代大統領に就任。キング牧師など公民権運動の指導者と協議を重ね、公民権法を成立させ、アメリカ史上初めて法の上での人種差別を終わらせた人物。しかし、外交ではベトナム戦争への軍事介入を拡大させ、国内に激しい反戦運動をもたらした。倹約家としても有名で、電気の消し忘れを咎めるなど細かい性格だった。

ジョン・キューザック

ジョン・キューザック

リチャード・ニクソン RICHARD NIXON /

第37代アメリカ合衆国大統領

主な出演作:『コン・エアー』(97)、『シン・レッド・ライン』(98)、『マルコヴィッチの穴』(99)、『ハイ・フィデリティ』(01)、『アイデンティティー』(03)、『ニューオーリンズ・トライアル』(04)、『2012』(09)、『シャンハイ』(10)、『推理作家ポー 最期の5日間』、『ペーパーボーイ 真夏の引力』(共に12)、『フローズン・グラウンド』、『殺しのナンバー』(共に13)

リチャード・ニクソン大統領

1953年よりアイゼンハワー政権で副大統領を務める。ケネディに大統領選で敗れるが、68年の大統領選で勝利し、第37代大統領に就任。ベトナム戦争からの米軍完全撤退を実現し、冷戦下にあったソビエト連邦や中国との関係復旧・平和主義に尽力したが、ウォーターゲート事件により74年に辞職に追い込まれ、任期中に辞任した唯一の大統領となった

アラン・リックマン

アラン・リックマン

ロナルド・レーガン RONALD REAGAN /

第40代アメリカ合衆国大統領

主な出演作:『ハリー・ポッター』全シリーズ、『ダイ・ハード』(88)、『ロビン・フッド』(91/英国アカデミー賞助演男優賞)、『いつか晴れた日に』(95)、『ドグマ』(99)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『パフューム ある人殺しの物語』(06)、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(07)、『アリス・イン・ワンダーランド』(10)、『モネ・ゲーム』(13)

ロナルド・レーガン大統領

映画俳優、カリフォルニア州知事を経て、第40代大統領に就任。任期中にソビエト連邦を「悪の帝国」と批判、反共産主義運動を支援し、ソ連の解体、ベルリンの壁崩壊に代表される東側諸国の民主化に繋げ冷戦の平和的終結に貢献した。その一方で、南アフリカの「アパルトヘイト」政策を認め援助を行い、批判を浴びた。

ジェーン・フォンダ

ジェーン・フォンダ

ナンシー・レーガン NANCY REAGAN /

レーガン大統領夫人

主な出演作:『コールガール』(71/アカデミー賞®最優秀主演女優賞)、『帰郷』(78/アカデミー賞®最優秀主演女優賞)、『チャイナ・シンドローム』(79)、『華麗なる陰謀』、『黄昏』(共に81)、『アイリスへの手紙』(89)、『幸せのルールはママが教えてくれた』(07)、『みんなで一緒に暮らしたら』(11) 2008年、カンヌ国際映画祭より史上3人目となる名誉パルムドール賞を授与

キューバ・グッディング・Jr

キューバ・グッディング・Jr

カーター・ウィルソン CARTER WILSON /

ホワイトハウスの執事頭

主な出演作:『ボーイズ’ン・ザ・フッド』(91)、『ア・フュー・グッドメン』(92)、『ザ・エージェント』(96/アカデミー賞®最優秀助演男優賞)、『恋愛小説家』(97)、『奇蹟の輝き』(98)、『ザ・ダイバー』(00)、『パール・ハーバー』(01)、『サイレンサー』(05)、『アメリカン・ギャングスター』(07)、『マチューテ・キルズ』(13)、『Don Jon』(14)

テレンス・ハワード

テレンス・ハワード

ハワード HOWARD /

グロリアに言い寄る、ゲインズ家の隣人

主な出演作:『陽のあたる教室』(95)、『クラッシュ』(04)、『Ray/レイ』(04)、『ハッスル&フロウ』(05)、『奇跡のシンフォニー』(07)、『アイアンマン』(08)、『オン・ザ・ロード』(12)、『ムービー43』、『ランナウェイ/逃亡者』、『デッドマン・ダウン』(全て13)

ヴァネッサ・レッドグレーヴ

ヴァネッサ・レッドグレーヴ

アナベス・ウェストフォール ANNABETH WESTFALL /

幼いセシルが過ごした綿花畑の女主人

主な出演作:『モーガン』(66/カンヌ国際映画祭女優賞)、『オリエント急行殺人事件』(74)、『ジュリア』(77/アカデミー賞®最優秀助演女優賞)、『ハワーズ・エンド』(92)、『リトル・オデッサ』(94)、『ミッション・インポッシブル』(96)、『オスカー・ワイルド』(97)、『17歳のカルテ』(99)、『つぐない』(07)、『ジュリエットからの手紙』(10)、『英雄の証明』(11)、『アンコール!!』(12)

レニー・クラヴィッツ

レニー・クラヴィッツ

ジェームズ・ホロウェイ JAMES HOLLOWAY /

ホワイトハウスの執事仲間

グラミー賞を4年連続で受賞、最優秀ロックボーカリスト部門で最多受賞記録を打ち立てた、世界的なロック・ミュージシャン
主な出演作:『プレシャス』(09)、『ハンガー・ゲーム』(12)、『ハンガー・ゲーム2』(13)

デヴィッド・オイェロウォ

デヴィッド・オイェロウォ

ルイス・ゲインズ LOUIS GAINES /

セシルの長男

主な出演作:『ラストキング・オブ・スコットランド』(06)、『猿の惑星:創世記』、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』(共に11)、『ペーパーボーイ 真夏の引力』、『アウトロー』、『リンカーン』(全て12) 本作の演技でハリウッド映画祭スポットライト賞を受賞

ヤヤ・アラフィア

ヤヤ・アラフィア

キャロル・ハミー CAROL HAMMIE /

大学でルイスと出会い、共に公民権活動に身を投じる

主な出演作:『レッスン!』(06)、『メッセンジャー』(09)、『キッズ・オールライト』、『トロン:レガシー』(共に10)、『TIME/タイム』(11)

ミンカ・ケリー

ミンカ・ケリー

ジャッキー・ケネディ JACKIE KENNEDY /

ケネディ大統領夫人

主な出演作:『キングダム/見えざる敵』(07)、『(500)日のサマー』(09)、『ザ・ルームメイト』(11・未)、『ウソツキは結婚のはじまり』(11)、「新チャーリーズ・エンジェル」(11~)

ネルサン・エリス

ネルサン・エリス

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア MARTIN LUTHER KING Jr. /

公民権運動の指導者

主な出演作:『エクスプレス 負けざる男たち』(08・未)、『路上のソリスト』(09)、『セクレタリアト/奇跡のサラブレッド』(10・未)、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』(11)

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

「I Have a Dream」で知られるスピーチを行った、アメリカを代表する公民権運動の指導者。1964年にその功績が評価され、ノーベル平和賞を受賞。牧師として「非暴力主義」を合言葉に数多くの黒人解放運動を提示してきた。その結果、ジョンソン政権での公民権法制定につながる。68年遊説中に銃撃され死亡。

マライア・キャリー

マライア・キャリー

ハッティ・パール HATTIE PEARL /

セシルの母

18曲の全米No.1シングルは、ビートルズに次いで歴代2位、女性としては1位という記録を誇る。現代を代表する歌姫。
主な出演作:『グリッター きらめきの向こうに』(01)、『エージェント・ゾーハン』(08)、『プレシャス』(09)

アレックス・ペティファー

アレックス・ペティファー

トーマス・ウェストフォール THOMAS WESTFALL /

綿花畑の主人

主な出演作:『アレックス・ライダー』(06)、『アイ・アム・ナンバー4』、『TIME/タイム』、『ビーストリー』(すべて11)、『マジック・マイク』(12)

クラレンス・ウィリアムズ三世

クラレンス・ウィリアムズ三世

メイナード MAYNARD /

若きセシルに仕事を与えた、ホテルの執事

主な出演作:『デス・ポイント/非情の罠』(86)、『シュガー・ヒル』(93)、『奴らに深き眠りを』、『ブレイブ』(共に97)、『将軍の娘/エリザベス・キャンベル』、『海の上のピアニスト』(共に99)、『レインディア・ゲーム』(00)、『アメリカン・ギャングスター』(07)

STAFF PROFILE

映画『大統領の執事の涙』

リー・ダニエルズ(監督/製作)

LEE DANIELS

DIRECTOR / PRODUCER

初プロデュース作品『チョコレート』(01)で、米アカデミー賞®ノミネートと受賞を果たした、唯一のアフリカ系アメリカ人プロデューサーとなった。『サイレンサー』(05)で監督デビューを果たす。監督二作目の『プレシャス』(09)では、国内外数々の映画祭で賞賛を浴び、米アカデミー賞®6部門にノミネートされ、最優秀助演女優賞、最優秀脚本賞を受賞した。今最も注目される監督・プロデューサーの一人である。近作は、脚本/監督/製作を担当した『ペーパーボーイ 真夏の引力』(12)がある。

『大統領の執事の涙』

ダニー・ストロング(脚本)

DANNY STRONG

SCREENWRITER

代表作:「リカウント」(08)、「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」(12)。 現在、『ハンガー・ゲーム』(12)三部作の2つの最終パート『MOCKINGJAY Part 1』および『MOCKINGJAY Part 2』の脚本を執筆中。

パメラ・オアス・ウィリアムズ(製作)

PAMELA OAS WILLIAMS

PRODUCER

代表作:「FAIL SAFE 未知への飛行」(00)、「スタンド・アップ・トゥ・キャンサー(SU2C)」(07)、『アメイジング・スパイダーマン』(12)

ローラ・ジスキン(製作)

LAURA ZISKIN

PRODUCER

代表作:『マーフィのロマンス』(85・未)、『追いつめられて』(87)、『プリティ・ウーマン』(90)、『誘う女』(95)、『恋愛小説家』(97)、『スパイダーマン』(02)、『スパイダーマン2』(04)、『スパイダーマン3』(07) 11年6月他界。

ジョー・クロッツ(編集)

JOE KLOTZ

EDITOR

代表作:『さよなら。いつかわかること』(07)『プレシャス』(09)、『ラビット・ホール』(10)、『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』(11)『ペーパーボーイ真夏の引力』(12)

ロドリーゴ・レアン(音楽)

RODRIGO LEÃO

COMPOSER

ポルトガルのミュージシャンであり、作曲家でもある。ポルトガルのアンサブルバンド“マドレデウス”として、ヴィム・ヴェンダース監督の映画『リスボン物語』(94)などに楽曲を提供する。

ティム・ガルヴィン(美術)

TIM GALVIN

PRODUCTION DESIGNER

代表作:『スパニッシュ・プリズナー』(97)、『4thフロアー』(99・未)、『ダンスwith me!』(03・未)、『ダウト』(05)、『シェルター』(09)

アンドリュー・ダン(撮影)

ANDREW DUNN

DIRECTOR OF PHOTOGRAPHY

代表作:『L.A.ストーリー/恋が降る街』(91)、『ボディガード』(92)、『エバー・アフター』(98)、『最後の恋のはじめ方』(05)、『ミス・ポター』(06)、『プレシャス』(09)『ラブ・アゲイン』(11)、『ウォールフラワー』(12)

ルース・カーター(衣装)

RUTH CARTER

COSTUME DESIGNER

代表作:『マルコムX』(92)、『TINA ティナ』(93)、『タイ・カップ』(95)、『アミスタッド』(97)、『Black Dynamite』(09)、『スパークル』(12・未)

TOPへ